スタイル(コンセプト)の確立がもたらすもの




今シーズンのJリーグの覇者川崎フロンターレ。

その攻撃的なスタイルがチームの色として、観る人にとっても浸透してきたと思います。

それは、前監督の風間八宏監督が作り上げたスタイルで、現監督の鬼木監督により、さらに充実度が増してきました。

鬼木監督によりさらにプラスされた部分は、守備の部分。

これについては、数日前に書いた記事を読んでもらえればと思います。

【参考記事】

川崎フロンターレの強さの秘密を紐解く

今日は、そのフロンターレの優勝を参考に、

スタイル(コンセプト)の確立がもたらすもの

について、考えてみます。

まずは、川崎フロンターレの中村憲剛選手が、語ったインタビューの言葉を参考に。

昨年ある程度自分たちのやるべきことが見えたので、(今季は)その質の追求、ただそれだけだったと思います。それをやれば相手が分析、対策してきても、やっぱりある程度勝ち点を取れる試合が増えた。

相手は、自分達の中にいる!という感覚でしょう。

長いリーグ戦の中で、勝ち点を稼いでいくには、勝つこともあれば、負け続ける事だってあります。

そんな時に、いかに自分達のサッカーを信じてやっていけるかが重要です。

チームとしてではなく、それを個として置き換えて考えてみると、

調子がいい時もあれば、スランプに陥り調子が上がらない時もあります。

スランプに陥った時、どうするかというと、まずは、試行錯誤しながら何とか元のイメージに近づけようと努力する。

だけど、スランプの時は、いくら試行錯誤しても状態は元に戻りません。

そして、結局行き着く先は、

基礎・基本を徹底し直すこと。

【参考記事】

基礎・基本の徹底

さて、また個からチームに戻してみましょう。

基礎・基本の徹底というのは、チームとしては、チームのスタイル(コンセプト)。

つまり、ベースとなる部分です。

負けが続いた時にやるべき事は、何でしょうか?

これも試行錯誤です。

相手チームの特徴の分析に時間を割いたり、メンバーを大胆に入れ替えたり。

それはそれで、何かのきっかけづくりになるかもしれませんが、

やはり、一番大切なのは、チームのスタイル(コンセプト)を再度見直す事です。

自分達がやってきた事に原点回帰する事で、自信が生まれます(戻ります)。

少年サッカーにおいても同様の事が言えます。

公式戦だからと言って、変に相手を意識し過ぎて、チームのシステムをいじったり、

やってきた事といきなり違った事をやっても、自ら首を締めるようなもので、なかなかうまくはいきません。

実際に、試合をやってて怖い相手というのは、自分達のスタイル(コンセプト)を信じて、覚悟を持って闘ってくるチームです。

もちろん、サッカーは相手がいるわけですから、相手の特徴を頭に入れる事など戦術的な要素も必要です。

ただ、戦術ありきよりも、スタイル(コンセプト)ありきの戦術的要素があるべきです。

自分の目指すところを変えないでやること。すごい人がゴロゴロいる中で、そこが強い人が勝つんじゃないんですかね。

これは、プロゴルファーの石川遼選手の言葉です。

人をチームに変えても同じ事が言えます。

うまくいかなくなった時こそ、自分を見つめ直してみましょう!!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。