目標を達成する具体的な方法




流行語大賞の今年のノミネート見ましたか??

今年は、スポーツ関係のノミネートが多いような気がします。

(大迫)半端ないって

金足農旋風

翔タイム

そだねー

もぐもぐタイム

悪質タックル

奈良判定

スポーツの爽やかさ感動が蘇ったり、

最後の2つに関しては、社会に対する問題提起だったり・・・。

やっぱり、時代を映す言葉は、良いイメージがあったほうがいいですね!!

サッカー指導者だけど、ぜひ、金足農旋風に1票!!

ちょうど、話題の選手達だったんで、過去にも記事を書いてます。

 

基礎・基本の徹底 

(大迫)半端ないっての秘密はココにあり!!

 

成功=努力×才能??

金足農旋風の立役者、吉田輝星選手とは。

 

大迫選手は、今や日本代表に欠かせない存在。

半端ないプレーで、今後の日本代表を引っ張ってくれる存在になるでしょう。

吉田選手は、今年の甲子園の主役として、を大いに甲子園を沸かせてくれました。

ドラフトで日本ハムから指名を受け、プロ野球の世界に進むようだし、

今後の活躍も期待しましょう。

そして、今日は、せっかく流行語大賞のノミネートが発表されたんで、

この中から、翔タイムの大谷選手について紹介しましょう。

大谷選手と言えば、二刀流というのが、注目されていますが、

この、ピッチャーとバッターをハイレベルにこなす事ができるのには、こんな秘密がありました。

大谷選手の目標達成シートを知ってますか?見た事がありますか?

一番中心に大きな目標を書いて、そのためにやらなければいけない事を、どんどん広げて書いていくシート。

この画像には、ピッチャーとしての目標が書いてありますが、きっとバッターについても書いているはずです。

こうする事によって、

自分が何をしなければいけないかが、より具体的になります。

「毎日バットを振る」というよりは、

毎日何分間、毎日何本振っていくと具体的にしていく事ですね。

というように、努力について、より具体的にする必要があると語っています。

また、

こんな言葉からも、大谷選手が努力をどう捉えているのかが読み取れます。

頑張って何年続けても結果が出ないのは、練習の仕方。

どうすべきかを考えながらやる事が大切です。

同じ事をやってても成長の度合いが全然違います。

すごく、納得のいく言葉です。

確かに誰よりも努力する事は大切です。

一万時間の法則と言って、

人が何かに習熟してスペシャリストになるには、一万時間練習する必要があると言うくらいですから。

ただ、大谷選手が言うように、この一万時間も無駄な一万時間の積み重ねじゃないはずです。

しっかりと、具体的な目標を持って取り組む一万時間じゃないと意味がありません。

練習の時、具体的な目標や課題を持って、練習に取り組んでいますか?

イメージが具体的になればなるほど、モチベーションは上がります。

イメージしているものと自分が近づいていくほど、自信を獲得することができます。

やるなら、無駄なものになるより、自分の身になるほうが当然いいですよね?

そう思ったら、その瞬間が大切!!

しっかり、ノートに書き出してみよう!!

明日から、より成長スピードが加速するのが間違いなしです!

それと、目標については、きちんと期限数字を入れる事も大切です。

例えば、⚪⚪日までに、リフティングを⚪⚪回達成する など。

これで、さらに行動が具体的になっていきます。

こういった、目標管理については、本を一回読んでみるのもおすすめです。

ちなみに、おすすめの本は、

個人、チーム、組織を伸ばす目標管理の教科書 ノルマ主義に陥らないMBOの正しいやり方 [ 五十嵐英憲 ]

価格:1,944円
(2018/11/9 01:43時点)
感想(1件)

せっかくだから、大谷選手の本も読んでみよう!!

不可能を可能にする大谷翔平120の思考 [ 大谷翔平 ]

価格:1,058円
(2018/11/9 01:48時点)
感想(4件)

本を読むと、より頭が整理されるはずです。

最後に、コーチの大好きな大谷選手の名言を、

一番自分に期待しているのは、やっぱり自分

全て自分次第。

自分が何を目指し、何をすべきか、改めて自分を見つめ直してみてください。

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。