自分の限界を越えた先に見えるもの




コーチが大好きだったゴールキーパー、川口能活選手(現SC相模原)がついに引退を決めました。

 

川口選手を初めて知ったのは、清水商業(現清水桜が丘高校)時代のテレビの前。

 

高校サッカー選手権での川口選手のプレーは、衝撃的でした。

 

ゴールキーパーの技術的凄さなんかは、全然理解できなかったですが、一番驚いたのは、クロスボールへの飛び出し。

 

身長は、ゴールキーパーとしては、そんなに高くないんですが、ゴールマウスを飛び出し、華麗にキャッチする姿がとても印象的でした。

 

高校生で、あんなにクロスボールをキャッチできる選手は、いなかったように思います。

 

サラサラヘアーに、ルックスも最高!!

 

 

それなのに、実は、努力の鬼!!

 

もう、言うことなしですね。

川口選手の名プレー

 

そんな川口選手。

 

現役時代には、数々の記憶に残るプレーを残してくれています。

 

コーチの記憶に残っているプレーです。

 

まずは、何と言っても、アトランタ五輪のブラジル戦でしょう。

 

マイアミの奇跡と言われたこの試合。

 

ブラジル相手に何本シュートを浴びたか分かりませんが、ことごとくシュートを止めまくり、無失点でチームを勝利に導きました。

 

 

そして次は、アジアカップヨルダン戦のPK。

 

決められたら負けの状況から、3連続ストップで、チームを勝利に導きました。

 

その試合の記憶があまりにも残りすぎていて、PK戦になって川口選手が守っていれば、安心してテレビを見れたのを思い出します。

ゴールキーパーというポディション

 

ゴールキーパーは、とてもメンタルが大事なポディションと言えます。

 

フィールドプレーヤーと違ってミスが失点に直結するポディション。

 

弱気な姿勢でいれば、自らミスを誘発する事だってあります。

 

また、唯一手でボールを扱えるポディションであるにも関わらず、フィールドプレーヤーとしてボールポゼッションに参加する能力も必要です。

 

ゴールマウスを守るだけでなく、攻撃の起点にならなくてはいけない場合もあります。

 

ゴールマウスを飛び出すタイミングには、決断力も必要だし、PK戦になれば大きなプレッシャーがのしかかります。

 

それでいて、ゴールを守れるのは、チームでたった1人。

 

その1つの座席を争い、競争に勝っていかなくてはいけません。

 

孤独なポディションであるがゆえに、メンタルが強くないと、やっていけないポディションと言えるでしょう。

 

ちなみに、コーチがプレーヤーとして嫌だったゴールキーパーは、気持ちを全面に押し出してくるような選手。

 

ただそれだけで、ゴールは小さく見え、シュートを躊躇する場面だってありました。

川口選手の名言

 

どんな時も努力を惜しまない、川口選手らしい言葉です。

 

限界を知っているから、極限状態でも、まだ大丈夫と冷静になれる。

 

練習では、誰よりも自分を追い込んでいたという川口選手。

 

自分の限界は?

 

と問われた時に、それを実際分かっている人は、数少ないと思います。

 

誰しも、これぐらい頑張ったならと自分に甘くなる瞬間があるはずです。

 

けど、それはまだまだ限界じゃない証拠。

 

極限状態で冷静になれる選手こそ、自分を限界まで追い込める選手という事です。

 

いつも、限界を越えていては、体を壊す原因になります。

 

だけど、成長の可能性を広げていくためには、自分の限界を少しずつ伸ばしていく事が必要です。

 

自分を追い込んだ経験がない人は、一度、これでもか!と思うくらい自分の限界に挑戦してみてはどうでしょう??

 

 

きっと、自分の知らない世界が見えてくるはずです!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



これを観たらサッカーの概念が変わる!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。