日本代表が強くなった理由~意識の変化と行動の具体性~




最近の日本代表は、強い!!

 

いくつか、要因は考えられると思いますが、大きな要因の1つに、

 

海外で活躍する選手が増えた

 

事があげられます。

先日のゲームで話題をさらった、中島選手は、ポルトガル。

 

堂安選手は、オランダ。

 

南野選手は、ドイツ。

 

その他にも、イタリア、ベルギーなどなど、世界各国で日本人が活躍するようになりました。

 

常に、25~30人程度は、海外でプレーしている状況です。

 

その海外への扉を開けたのは、三浦和良選手。

 

イタリアのジェノアというチームに入団したのが、今から24年前の1994年。

コーチがちょうど中学生の頃。

 

スクラビーのヘッドの落としから、カズ選手が日本人初のセリエAで得点を決めたシーンを、今でも鮮明に思い出します。

 

それから、中田英寿選手、中村俊輔選手、小野伸二選手と続いていくのですが、

 

かつては、日本のトップしか海外に行けない状況でした。

 

現在でももちろん、海外に行ける選手は、限られた選手ですが、

 

欧州クラブが、日本人の活躍を評価し、そのマーケットが注目されてきたのが、日本人選手の海外進出に繋がっています。

なぜ、海外組が増えると日本代表は強くなるのか??

 

まずは、

 

意識の変化だと思います。

 

海外のトッププレーヤーと対戦した選手が、自分の肌で感じる事で、自分を見つめ直す。

 

また、優秀な監督から指導を受ける事で、練習への取り組む姿勢が変わる。

 

そうやって変化した意識を代表チームに持ち帰った時、自ずとチーム全体の意識も変化する。

 

こういうプロセスになるでしょう。

 

コーチのチームでも、似たような事をやります。

 

学年を越えて、パフォーマンスが良い選手は上のカテゴリーにあげる。

 

そこで、意識が変化した子達が、また自分の学年に帰った時に、それをチームメイトに還元する。

 

そうすると、少しずつ全体の意識が変わってくる。

 

当然、練習になると、以前より増して活気が出てきます。

 

そして、2番目です。

 

それは、

 

トレーニングに具体性が出る

 

事です。

 

いくら映像技術が発達し、相手を分析できたとしても、

 

やってる本人達が自分の肌で感じない事には、具体的な課題は見えません。

 

それは所詮、机上の空論。

 

海外で実際やる事により、相手との差(良くも悪くも)を正確にはかる事ができます。

 

より、具体的にプレーを修正する事が可能になります。

まとめ

 

そうやって海外で経験を積み、自信を持った選手達は、相手がどこであろうと物怖じしなくなります。

 

先日のウルグアイ戦は、それを物語っているようでした。

 

どちらが、FIFAランクが格上か分からないくらい、堂々とプレーしている選手は、頼もしい限りでした。

 

意識が変わると行動が変わり、その行動は、より具体的になる。

 

という事でしょう。

 

現状に甘んじず、環境を変えると見えるものが変わってきそうですね。

 

今日は、サッカー元日本代表の本田選手の名言を。

 

ライバルに差をつけたいのなら、環境を変えて欲しい。

なんだかんだ言っても、一度ぬるま湯に浸かってしまうと、なかなか抜け出せない。

 

だから、「何か物足りない」と思ったら、自分のことを知らない環境に飛び込んでいって欲しいと思う。

 

海外で苦しんだ本田選手ならではの名言。

彼の意識が、日本代表をさらに一歩世界に近づけてくれたから、今の日本代表の活躍があるはずです!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。