実力を発揮するために~イメージトレーニングと思考の足跡を~




少年サッカーにおけるメンタルの及ぼす影響

 

U-19日本代表が、インドネシアを下し、来年のU-20W杯出場権を獲得しました。

 

 

正直、相手がインドネシアだから楽勝だろうと思ってましたが、ハイライトを見たら、そうでもない。。。

 

何故か?

 

そう、この大会の開催国はインドネシア。

 

この試合には、6万人の大観衆が詰めかけていたとの事。

 

完全アウェーの状態で、ピッチに立ってた久保選手も、試合後のインタビューで

「みんなスピーカーでも持ってんのかってくらいですね。なんか本当に、日本の応援とは違って、みんながみんな声が馬鹿でかいみたいな。どこがゴール裏かわからないくらい声がでかかった」

と驚きを隠せない様子でした。

 

ワンプレー、ワンプレーで騒ぎ出す観衆。

 

メンタル的にタフじゃなければ、雰囲気にのまれます。

 

逆に、6万人を味方につけれれば、気持ちは自然と高まり、いつも以上の力が発揮できます。

 

少し話が大きすぎましたが、このように観戦者がいて、何でもないプレーでも観衆が盛り上がる現象は、少年サッカーの現場でもたくさんあります。

 

雰囲気にのまれるチームは、いくら力があっても、実力を発揮できません。

 

また、少年サッカーの場合、まだまだ子ども達は、メンタル的にかなり未熟なので、

 

観戦者の影響を受けたり、

 

相手チームの名前・ユニフォームに影響を受けたり

 

ちょっとのケガに影響を受けたり、

 

何気ないワンプレーに影響を受けたり、

 

とにかく、実力を発揮する上で、メンタルの充実というのが、とても大きな影響を及ぼします。

実力を発揮するためには??

 

では、そういったメンタルの問題を克服していくには、どういった事が必要になるでしょうか?

 

答えは、2つ。

 

1.準備する事

2.学習する事

 

簡単でしょ(笑)

 

それが、そう簡単でもないんだよなぁ~。

 

1つずつ詳しく説明していきましょう!!

1.準備する事

 

コーチが指導しているチームでは、全国大会に出場すると、必ず数日前から大会準備のために関東に行っていました。(会場が静岡御殿場の時)

 

そして、子ども達が憧れを持つようなチームと練習試合を組みます。

 

最初は、かっこいいスポンサーの入ったユニフォームと、その名前に必ずと言っていいほどビビってしまう子ども達。

 

それが、数試合重ねると段々慣れてきます。

 

サッカーに慣れる部分もありますが、

 

「あれっ?意外とやれるんじゃない??

 

というように、メンタル的にも後れを取らなくなります。

 

すると、いざ大会本番になった時に、ユニフォームや名前にビビらないで、プレーできるようになるのです。

 

この例は、コーチが準備してあげるものになりますが、

 

準備する事で一番大事なのは、自分自身の心の準備です。

 

例えば、観戦者が盛り上がるのが苦手だったら、観戦者が多い中でプレーしている自分を想像する。

 

ミスして、メンタルが落ちるようであれば、ミスした後、修正する自分を想像する。

 

心の準備をするために、イメージトレーニングをするという事です。

2.学習する事

 

正確に言うと、学習して強化する事です。

 

誰しも、色んな事に慣れるまでには時間がかかります。

 

その度に、しっかり学習をしていくんです。

 

学習するという事は、何となく慣れていく事ではありません。

 

しっかり、その都度考える。

 

つまり、自分の中に「思考の足跡」を残していく事が大事です。

 

 

その足跡が増えていけば増えていくほど、対処の引き出しは増え、ブレないメンタルができてきます。

まとめ

 

今日は、ブレないメンタルをつくるためにこの名言を。

 

ラミチャンぺでお馴染みだった(笑)現プロ野球横浜DeNAベイスターズ、ラミレス監督が言ったこの言葉。

 

メンタルが強いという事は、いつも同じでいる事。

 

 

いつも同じでいる事は、簡単ではありません。

 

しっかり準備し、しっかり学習しましょう。

 

イメージトレーニングと思考の足跡を!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



これを観たらサッカーの概念が変わる!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。