勝負に対する拘りを




ロアッソ熊本の、J3降格圏内が決定してしまいました。

 

去年は、J3昇格圏チームがライセンスを持ってなくて、残留でき、今年は頑張らないといけない年だったのに。。。

 

今年もとりあえず残り数試合で、1つでも順位を上げる努力をして、最下位をまぬがれ、J3の結果に期待しないといけないですね。

 

J2でも、生き残るのは難しいんだな。

 

そのJリーグ。

 

今年は、たくさんのワールドクラスの選手が加入して盛り上げてくれています。

 

イニエスタ選手にF.トーレス選手に、ポドルスキ選手。

 

ワールドクラスの選手を生で見れるのは、貴重です。

 

ぜひ、見る機会があれば、足を運んででも子ども達には見て欲しいですね!!

 

できれば、ロアッソがJ1に上がって、地元熊本で見たかったのですが。。。

 

さて、この3人の中で、左利きの強烈なシュートが特徴の選手は誰でしょう??

 

そう、元ドイツ代表のポドルスキ選手。

 

ヴィッセル神戸でイニエスタ選手とプレーしています。

 

先日、フロンターレ戦をテレビで見ましたが、

 

2列目のポディションからでも、常にシュートを意識したプレーが印象的でした。

 

現在、33歳。

 

本人が言うように、身体的なスピードは衰えているものの、

 

そのフロンターレのゲームでも、随所に素晴らしいプレーを見せてくれていました。

 

そのポドルスキ選手は、Jリーグについてこう語っています。

 

ここのリーグはヨーロッパとのと直接比べることはできない。こっちではヨーロッパのようなデュエルは存在しない。スピードもより遅いし、競り合いもより少ない。だが、簡単に変えられるようなものじゃない。

 

最初に、ヨーロッパと直接比べることはできないと言っていますが、

 

大切なのは、最後の部分。

 

「簡単に変えれるようなものじゃない」

 

これは、すごい深いです。

 

Jリーグというより、まさにみんな達の事。

 

育成のあり方について語っているように感じます。

 

もちろん、一番言いたいのは、サッカー文化の違い、サッカーの歴史の違いという事なんでしょうが、

 

小さい頃からの習慣・積み重ねが、大人になってからのサッカーの違いに繋がっているという事でしょう。

 

コーチも、高校生の時、イタリアに行った事があります。

 

その時感じた一番の違いは、

 

「勝負に対する拘りの違い」でした。

 

玉際での気迫、ゴールを奪うための執念、守るための執念。

 

ここなんです!!

 

ユベントス・パルマなど名があるチームと対戦させてもらいましたが、上手いなんて当たり前。

 

だけど、上手さよりも、ゴールを奪う・守るのサッカーの原点に対する拘りが違います。

 

言葉で表現するのは難しいですが、

 

勝ち負けに対するプライドが染み付いている。

 

って感じかな。

 

日常から違うんだろうと肌で感じました。

 

あっっっ、スコアはというと・・・。

 

5・6点は軽くいかれた(笑)

 

その時、どっちのチームか忘れましたが、監督さんがこう言われました。

 

君たちは、とても上手い。だけど、意外性はなく怖くない。もっと、創造力を働かせてプレーしなさい。

 

最近、すごく思う事があります。

 

基本的な技術、サッカーの原理原則は、子どもの頃にしっかり学ぶべきですが、

 

もっと勝負に拘って、自由にプレーする中でサッカーを学べきじゃないかと。

 

もっとやらされるんじゃなくて、自分自身で試行錯誤しなさいという事です。

 

プロになるには、たくさんの勝負に勝っていかないといけません。

 

勝負から逃げる事は絶対にできません。

 

スポーツである以上、勝負というものが、常に一番にあって欲しいものです。

 

今日のサプリ
あなたは、普段の練習から勝負に拘っていますか?

勝負から逃げていては、本物の力は身に付きません!!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。