ライバルの存在




今日は、コーチの中学校の時の、同級生の話をします。

 

彼は、現在鹿島アントラーズのユースコーチ。

 

サッカーに対する情熱は凄く、中学生の時に何故か右利きを左利きにすると言って、左足の練習を始めました。

 

理由はよく分かりませんが、左利きになる事に可能性を感じたんでしょう。

 

それから、毎日左足のキックに明け暮れ、字を書くこと、日常生活で手を使う事も左手でやってました。

 

そして、高校サッカーの雑誌で紹介されるようになると、左利きのテクニシャンが代名詞になりました。

 

そう、左利きになったんです!!

 

勉強についても、海外で将来サッカーするからと、

 

英語だけはトップクラスを維持。

 

怪我でサッカーができない時は、真夏のくそ暑い中、動けないから暑さに負けると言って、

 

サウナスーツを着て車の中で汗びっしょりになってました。

 

サッカーができる時は、朝練から始まり、昼休みは、わざわざ着替えてサッカー。

 

部活の練習後には、もちろん自主練。

 

本当にサッカーに賭けていました。

 

それに引っ張られるかのようにコーチも一緒に練習に明け暮れたのを思い出します。

 

彼もコーチも、もちろん夢はプロサッカー選手になる事でした。

 

彼は見事に夢を実現させ、高校卒業後にプロ入り。

 

コーチも遠回りを選択しましたが、同じようにプロになる夢を追いかけました。

 

どこかであいつがなれるなら、俺も絶対なれると思ってましたが、結局プロにはなれませんでした。

 

けど、彼のおかげで、プロになる夢を近いものを感じ、夢を追いかけることができました。

 

それから彼は、現役を引退。

 

今度は、指導者の道を進みます。

 

コーチも同じく指導者としてサッカーに関わる事になりました。

 

指導者として成績を出すことが全てではありませんが、彼は、アントラーズジュニアユースの監督として「日本一」になりました。

 

常にコーチの先を進んでくれます。

 

彼の背中を追いかけるわけではありませんが、やっぱり「日本一」になる夢は持ち続けたい。

 

そして今は、彼に認められる指導者になりたいと思っています。

 

ライバルの存在は貴重です。

 

もちろん、自分の目標をしっかり立てて、小さな事を積み重ねていくことが大切ですが、

 

主観だけで自分を捉えようとすると、周りが見えなくなって、

 

嫌になったり、投げ出したくなったりする事もあります。

 

困ったとき、落ち込んだ時にライバルの存在が、自分を客観的に見つめ直すきっかけになり、

 

自分をもう一度奮い立たせ、助けてくれる存在になります。

 

みんなは、たくさんの仲間達に囲まれてサッカーをしています。

 

いい関係を築きながらも、どこかでライバル心を持ってやって欲しいものです。

 

最後に、彼の口癖を。

 

練習するしかない!!

 

シンプルだけど、それがプロになるための一番の近道です。

 

今日のサプリ
あなたはに、ライバルと呼べる仲間がいますか?

自分を奮い立たせる存在として、ライバルがいるといいですね!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。