プレーと脳の関係性




今日は、ジュニサカの記事を読んで、面白いなと思ったので紹介しますね。

 

サッカーと脳の働きについてです。

 

まず、

サッカーは状況判断の質でプレーが変わります。しかし、正しい判断を下せるようになるには、広い視野、動きを瞬時に判断できる直感力が必要です。

と書いてありました。

 

判断と直感の違いは分かりますか?

 

まずは、その違いから。

 

判断
時間をかけたもの。

意識的に答えを出すもの。

 

直感
ごく短い時間で判断する。

ほぼ無意識的に何らかの決定ができるもの。

言葉で説明するとこうなりますが、みんなも大体この2つについて、何となく違いは理解できてると思います。

 

では、どっちがサッカーをやる上で大事だと思いますか?

 

よくみんなのコーチも、

 

「しっかり判断しろ!!」

 

なんて声かけしませんか??

 

「しっかり直感を信じろ!!」

 

とは、なかなか言いませんね。

 

けど、サッカーをやる上では、判断する事も、直感を信じる事もどちらも大切です。

 

この記事には、続きとして、判断と直感を働かせる時、脳のどの部分を使ってるかというのが、書いてあるんですが、

 

そこは、難しい話しになるんで、興味ある人は、自分で調べてみてください。

 

この記事を読んで、コーチは、判断と直感は繋がっている事が分かりました。

 

サッカーには、色んな場面があります。

 

ゆっくりする時間・場所・場面もあれば、

 

プレッシャーが速く、瞬時に判断しなくてはいけない場面もあります。

 

直感でプレーが選択される場面です。

 

どっちが多い少ないは別として、サッカーと脳は、すごく関係性が深いことが分かります。

 

脳もトレーニングする必要がありそうですね。

 

では、どうやって脳のトレーニングをするか?

 

この記事の中では、

サッカーで、「この動きをしたらよかった」「この判断をしたら正解した」などの経験と快感の積み重ねによって、「こうするのがいい感じ」と考えずにわかるようになる。それが「直感」だろうと言われています。

と書かれています。

 

という事は、普段の練習から色んな事をイメージして、意識しながらやる事が、

 

脳のトレーニングになるという事です。

 

たくさん判断したという経験が、より良い直感を生む源になるという事ですね。

 

例えば、センターリングが上がってきて、それをコントロールするのか?

 

それとも、直接ボレーシュートするのか?

 

これは、たくさんセンターリングからのシュート練習をして、考え、判断し、イメージして、

 

自分の身に染みたものが、直感としてプレーとして出てくるんでしょう。

 

サッカーは、判断・直感が大切なスポーツですが、その判断・直感を育てたいなら、

 

サッカーをやらされるんじゃなく、自分でしっかり考え、判断し、イメージして脳もトレーニングしなさいという事です!!

 

今日のサプリ
あなたは、しっかり判断してプレーをしていますか?

行き当たりばったりのプレーでは、上手くはなりません!!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。