才能よりも必要な事




サッカーをやっている子ども達でおそらく知らない子はいないでしょう。

FCバルセロナでプレーしているメッシ選手。

5回のバロンドール受賞に、5回のチャンピオンズリーグ得点王、さらに、5回のリーガ得点王。

今もなお、世界最高のプレーヤーと言っても過言ではないですね。

そんな、メッシ選手。

先日の試合で、右手の橈骨(とうこつ)というところを骨折し、全治3週間の診断。

バルセロナファンのみならず、世界中のメッシのファンは、

プレーを見れなくなるのが残念で仕方ないでしょう。

早く復帰して、また世界中の子ども達が憧れるようなスーパープレーを見せて欲しいですね。

メッシ選手は、そんなに大きくありません。

170㎝と公表していますが、実際はそれより小さいんじゃないかな。

有名な話ですが、小さい頃に成長ホルモンの分泌異常の症状(低身長)で、

成長ホルモン投与などの治療がなければ、身体が発達しないと診断されてしまいます。

そんなハンデがありましたが、バルセロナの試験に見事合格。

治療費をクラブが、全額負担してくれる事となり、順調に成長をしていきました。

自身がハンデと戦いながら成長してきたという実感があるんでしょう。

メッシ選手は、

僕は、生まれながらの天才ではない。努力の人間なんだ。

努力すれば報われる?そうじゃないだろ。報われるまで努力するんだ。

と語っています。

また、色んな人に支えられてきたメッシ選手は、

私にとって大切な事は、相手に対してのリスペクト、謙虚さ、自己犠牲の気持ちです。

と語っています。

もちろん、与えられた才能がゼロとは言い切れませんが、

それ以上に、世界最高の選手になるために必要な事は、

謙虚な姿勢で、努力をする

といった当たり前の事を、当たり前にできるかどうかが大切。

という事が、メッシ選手の発言を聞くと分かります。

みんなは、ハングリー精神という言葉を聞いた事がありますか?

ハングリー精神とは、

物事を強く求め、達成への強い意志を持ってことに当たる気持ちや、心意気などを意味する表現。

と説明される事もありますが、

恵まれない環境から脱出するために必要な強い気持ち

とも説明されます。

今は、豊かすぎて何でも望めば揃ってしまうような時代です。

豊かであるが故に、緊張感・緊迫感はなく、心の強さが育ちにくい環境にあると思います。

諦めても、強く思わなくても必ずどこかに逃げ場がある状態です。

言い換えれば、豊かになった分、色んな可能性は広がっているという事です。

一人一人が何かしら活躍できる社会になっています。

だけど、本当に自分が成し遂げたい事があるなら、当たり前の事を当たり前に、

ハングリー精神を持って、挑んでいく姿勢が必要です。

才能だけで成功する事はありえませんね!!

今日のサプリ
あなたは、謙虚な姿勢で、努力を続ける事ができますか?

豊かさに甘えていては、成功なんてありえません!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。