自分の【家】を探す




Jリーグもいよいよ終盤にさしかかりました。

BSでは、ヴィッセル神戸対川崎フロンターレの試合が放送中。

テレビ観戦しながら、イニエスタ選手のプレーを楽しんでいます。

イニエスタ選手のプレーを見ていると、凄く余裕があります。

今日のゲームは、大雨。

ピッチはかなり滑りそうです。

それにも関わらず、イニエスタ選手のプレーにほとんどミスはありません。

ボールを取られない、パスが正確であるのはもちろんですが、一番目を引くのが、

ファーストタッチの質です。

このファーストタッチの質について、コーチには凄くこだわりがあります。

それは、自分が大学生だった頃、一番意識させられた部分だからです。

意識し続ける事で、プレーに幅が出た事をすごく覚えています。

みんなは、風間八宏監督の事を知っていますよね?

現名古屋グランパスの監督です。

その風間監督が、監修しているサッカースクールにトラウムトレーニングというものがあります。

そのスクールでは、ファーストタッチを【家】というユニークな表現で説明しています。

自分の感覚で、ここであれば安全、という場所を探すことが大切です。つまり、それが『家』ということです。これは人によってさまざまですが、『家』とは、自分が動かしたいときにすぐ動かせる場所にボールを置く、というイメージを指して言っています

みんなは、思った所にボールを止める事ができますか?

ボールを止める場所1つで、視野が広がります。

ボールを止める場所1つで、次のプレーが変わります。

ボールを止める場所1つで、ボールを奪われる確率が減ります。

ボールを止める場所1つで、相手を惑わせる事ができます。

それくらいファーストタッチは、重要なんです。

もし、何となくボールを止めてるんだったら、意識し直してみよう。

何でそこに止めたのか?

というのが、自分の中で説明できるようになるといいですね。

意図あるミスは、次に繋がります。

意図のないミスからは、何も得ることはできません。

ミスの質が上がれば、技術が上達するスピードも上がりそうですね!!

今日のサプリ
あなたは、意識した場所にボールを止める事ができますか?

自分の【家】を見つけよう!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



これを観たらサッカーの概念が変わる!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。