覚悟を持って選ぶ道




そろそろ受験シーズンの到来です。

小学生でも受験する子がいるのかな?

コーチが住んでいる熊本みたいに地方と呼ばれる所は、小学生の受験はあまり聞きませんが、

東京なんかは、小学生の受験も珍しくありません。

コーチの大学の友人は、幼稚園の子どもに、小学校の受験をさせると言ってました。

コーチも高校、大学と受験を経験しましたが、本当に大変!!

戻れると言われても、戻りたくないくらいですね。

って、今から受験を控えてるみんなにプレッシャーかけたかな??

けどね、これだけは言っておこう。

「頑張ったら、頑張った分返ってくる!!」

受験と聞いて、真っ先に浮かぶ友人がいます。

その人の話をしますね。

その彼は、コーチの大学の友人。

一浪して、同じ大学に入学してきました。

だから、歳はコーチより1つ上になります。

浪人する高校生はたくさんいますが、彼はちょっと違ったんです。

彼は、サッカープレーヤーとしても有名でした。

高校3年生時には、高校サッカー選手権でチームのキャプテンとして3位という結果を残します。

その年の、日本高校選抜にも選ばれました。

だけど、Jリーグからは声がかからなかったのかな。

そこは、詳しくは知りませんが、それでも行ける私立大学はたくさんあったと思います。

だって、これだけの結果を残している選手ですからね。

けど、彼が選んだ道は、浪人して大学受験をする事。

出身校は、名の知れたサッカーの有名校です。

おそらく、高校3年間はサッカー漬け。

勉強なんてする時間は、ほとんどなかったでしょう。

もしあなたなら、1から勉強して大学受験を目指しますか??

無謀と言ったら失礼だけど、常識的に考えると、厳しい選択と言えますよね。

けど、彼は一年後、コーチと同じ大学に、受験して入学します。

推薦入学ではありません。

一般受験で、サッカーの実績とかは関係ない土俵でです。

そんな彼は、大学卒業後、あるJFLチームに入団しました。

大学では、卒業の時、追いコン(追い出しコンパ)というものがあります。

卒業する4年生は、後輩たちの前で喋らないといけません。

彼は、すでに入団が決まっているチームに行っていたので、手紙を後輩達に残しました。

長々とした文章で、実に彼らしく書いてあったんですが、こんな1フレーズがありました。

自分が、この大学を選んだエピソードを話した後です。

選んだ道が正しいかどうかは、分からなかったけど、選んでしまったからには、信じて進むしかなかった。

確か、こんなニュアンスだったと思います。

ものすごい覚悟を感じる言葉です。

これから、受験を控えているみなさん。

迷いは、敵です。

ぜひ、覚悟を決めて受験に臨むこと。

サッカーは、判断し、決断するスポーツです。

そして、少し前にも書きましたが、

その判断が正解かどうかなんて誰にも分かりません。

ただ、その決断を正解に近づけるのは、自分が自信・勇気・覚悟を持ってできたかどうかです。

サッカーをやってるみんなには、その能力がサッカーを通して、自然と身に付いているはずです。

自分を信じるって、サッカーにおいても、人生においても大切ですね!!

ちなみに、その後の彼は、JFLで新人王を獲得し、チームのJ2昇格に大きく貢献。

そして、1年Jリーガーとしてプレーした後、突然引退。

今度は、教師を目指し、今は地元で立派な先生になっています。

自分を信じて、道を切り開くのが好きなんでしょうね。

尊敬できる友人の話を今日は紹介させてもらいました!!

今日のサプリ
あなたは、自分に自信を持ち、覚悟を持って決断する事ができますか?

人は、覚悟を持った時、物凄い力を発揮する事ができます!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。