勝負時におけるメンタルコントロール




ウルグアイ戦で2ゴール。新生森保ジャパンで3試合連続ゴール!!

サッカー少年達は、練習中だったかな??

昨日の日本代表戦は、久々見ていてワクワクするゲームでした。

ミラクル3と言われる、南野選手、中島選手、堂安選手。

3人とも大活躍でしたが、中でも、南野選手は、W杯常連国、南米の強豪ウルグアイ相手に2得点。

本人は、

「まだまだアジア杯(のメンバー)がどうなるか分からない。満足せず、一からアピールしたい」

と言ってますが、これだけ結果を残せば期待は高まるばかりです。

しかも、イケメン!!

顔立ちを見ると優しそうですが、こんなエピソードも。

W杯MVPにも物怖じしない強気のメンタル

現在は、オーストリアのザルツブルクでプレーしている南野選手。

以前は、セレッソ大阪でプレーしていました。

当時、セレッソ大阪には、南アフリカW杯でMVPとなったフォルラン選手が在籍。

あるゲームで、南野選手がパスを出さずシュートを打つと、

フォルラン選手は、

「なぜパスをよこさない?」

と詰め寄ったと言います。

相手は、W杯MVP、しかも南野選手は若手。

だけど、南野選手は、

「うるさい!!」

と睨みかえしたと言います。

めっちゃ強気ですよねぇ~!!

「すいません」って軽く手を上げるか、聞こえない振りをしてごまかすか、

相手が相手だけに、普通はそうなっちゃう気がします。

しかし、このエピソードに対して、南野選手は、こう答えました。

「W杯を戦ったメンバーにすごいリスペクトがある。とはいえ、そのメンバーを脅かす存在になって行かないといけない」

W杯MVPだろうが、自分が若手だろうが関係ない。

あなたからポディション奪います!!

くらいの気持ちを見せたかったんでしょうね。

味方に暴言を吐く事は、決していい事ではありませんが、

自己主張が弱いと言われている日本人が、海外に行き、サッカー選手としてステップアップしていくには、

これくらい強気のメンタルリティーがないといけません。

メンタリティーを語る上で重要な事

強気なメンタリティーは、成功する上で欠かせない要素です。

今日たまたまプロ野球のクライマックスシリーズを見ていると、

解説の人が、こう言いました。

気持ちが入りすぎてますねぇ。アスリートは、こういう大舞台になると身体がキレ過ぎて、気持ちが前のめりになることがある。そこをコントロールしないといけない。

大舞台で、結果を出そうと思い、強いメンタリティーを持って試合に臨む事と同時に、

そのメンタルをコントロール術を知っている必要があるという事です。

色んなタイプの人がいると思います。

気持ちを高ぶらせるだけ高ぶらせた方がいい

気持ちをあえていれずに、プレーだけに意識を集中する。

試合を楽しもうと考える。

けど、心の奥にあるメンタリティーは、絶対強気であるべきですよ!!

みんなは、どんなタイプかな??

南野選手を含め、中島選手、堂安選手の昨日のプレーは若さがあり、積極的で気持ちがすごく見えました。

見ていて、ワクワクさせてくれます。

これから、きっと彼らは、ビッグクラブへ移籍していくでしょう。

注目されるとともに、色んなものにメンタルが左右される事が出てくると思います。

これからの日本のサッカー界を担う選手になってもらうために、

強気のメンタリティーと、何事にも左右されない(メンタルをコントロールできる)メンタリティーを見せて欲しいですね!!

【関連記事】

公式戦において自分の力をしっかりと出しきる方法

今日のサプリ
あなたは、自分のメンタルの良し悪しがどんな時か知っていますか?

メンタルをコントロールできるようになれば、1ランク上の選手になれます!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。