探究心、冒険心、チャレンジ!!




アジアパラ競技大会見事銀メダル獲得!!

インドネシアのジャカルタで開催されていた「アジアパラ競技大会2018」。

走り高跳びで、鈴木徹選手が銀メダルを獲得しました。

鈴木選手は、2000年シドニーパラリンピックから、2016年リオデジャネイロパラリンピックまで5大会連続出場。

38歳になった今も現役で競技を続けています。

2020年東京パラリンピックの頃は、40歳。

彼は、それでも自分に限界を作らず、

東京大会まで現役を続け、6大会連続出場と、40歳で2メートル以上跳ぶ。

という目標を持って今もなお努力を続けています。

なぜパラ競技に??ハンドボールのトップからパラ競技のトップへ

鈴木選手とコーチは、大学時代の同級生なんだけど、歳は鈴木選手の方が1つ上。

実は、鈴木選手。

コーチが入学する1年前に、ハンドボールのスポーツ推薦で入学が決まってました。

当時の筑波大学ハンドボール部は、日本一を争うようなチーム。

そこへ推薦入学という事は、ハンドボールをやっていたら、プロになっていたのかもしれません。

しかし、高校卒業の1週間前。

朝から晩までアルバイトをして、疲れたまま友人達とドライブ。

そこで、事故が起きます。

運転していた鈴木選手は、居眠りをし、ガードレールに激突。

友人達は無事だったものの、鈴木選手は、右足を失ってしまいました。

大学への入学は、休学という形で1年間先送り。

ハンドボール部員として入学するはずが、色んな方の支えもあり、

1年間のリハビリを経て、

「陸上ならまだ可能性はある」

とパラ陸上へと方向転換します。

そして、陸上部に入った鈴木選手。

ただひたすら、パラリンピックに出場するという目標のもと、努力を続けると、すぐに結果が出ます。

当時のパラリンピック参加標準記録は、173センチ。

それを、3ヶ月で185センチを越える記録を出し、一気にパラ陸上のトップ選手に成長します。

数年後の2006年には、アジア人初の2メートル越えを記録しました。

長い間トップで居続けられる理由

それから、現在まで12年。

競技を初めてから18年。

今回銀メダルを獲得したように、今もなおトップで居続けている鈴木選手。

彼は、その理由を、こう語っています。

探究心や冒険心を持って、常に新しい事にチャレンジする事。同じやり方に固執せず、遊び心を持って実験するように色々な事を試した結果として、今の僕がある。

コーチも、サッカーをずっとしてたので、分かりますが、

プレーをしていると好不調の波は必ずあります。

そして不調の時、好調の時の感覚を取り戻そうと昔のイメージに近づけようとします。

イメージを昔に戻すという事は、成長・進化じゃなく、良くて過去を維持する事ですね。

また、好調の時は、現状を変えたくありません。

その時の感覚を大切にしようと思います。

けど、鈴木選手は、常にチャレンジを繰り返しています。

つまり、前へ進み続けているという事です。

そこには、失敗を恐れない強い心と、目標に向かう強い心が存在しています。

彼と昨年、一緒に仕事をさせてもらいましたが、

ちょっとした雑談の中からも、強い意志を感じとる事ができました。

大きな挫折を経験し、それを乗り越え、新たな目標へと進み続ける鈴木選手。

きっと、2020年東京で活躍してくれるでしょう。

最後に、

最初から「できない」と諦めるのではなく、やってみることで目に見える成果が出ることを、たくさんの子供たちに知ってもらいたい。

と語っている鈴木選手。

挫折を乗り越えた人が語るからこそ、言葉に重みを感じますね。

今日のサプリ
あなたは、常にチャレンジする勇気を持っていますか?

何が起ころうとも、諦めずチャレンジし続ければ道は開けます!!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。