基礎・基本の徹底




パナマ戦が終わって何日かたちますが、まだネットの記事には、日本代表の記事がたくさん載ってますね。

サッカーが、日本でも人気スポーツになってきた事が分かります。

今年の4月に発表された2017年のなりたい職業男子のランキングのは、

「サッカー選手、監督など」

が、2016年に引き続き1位で189人。

もう1つの人気スポーツである「野球選手、監督など」は、181人で2位でした。

やっぱり、プロスポーツ選手は、人気がありますね。

プロになる道は険しいって事です。

さて、今回の遠征に呼ばれた日本代表選手でロシアW杯にも出ていた大迫選手。

パナマ戦でも、抜群の安定感と存在感でした。

「大迫半端ないって!」

は、みんなも聞いた事があると思います。

その続きって知ってますか??

その続きは、、、

「あいつ半端ないって。後ろ向きのボールめちゃトラップするもん。そんなん出来ひんやん普通。そんなん出来る?言っといてや出来るんやったら」

でした!!

高校時代も今も変わらず、大迫選手のプレーのベースは、基礎基本の徹底にあると思います。

しっかりボールを止める(おさめる)事ができ、左右両足でシュートができ、ヘディングができる。

派手なプレーというよりは、確実・堅実(けんじつ)という言葉が当てはまります。

指導する側(監督)にとっては、調子の波も少なく、プレーが安定してるので、信頼をおけるプレーヤーと言えるでしょう。

大迫選手は、

基礎練習を繰り返していましたね。毎日、毎日、それをひたすら繰り返していました。

と言っています。

スランプになったら基礎・基本に立ち返れ

とよく言いますが、毎日基礎・基本を繰り返していたからこそ、プレーに安定感があるんだと思います。

また、

飽きることなく、同じ練習を完璧にできるようになるまで、ずっと続けていました。

とも言っています。

色んなことを高いレベルでできる秘密は、ここにあるようです。

やはり、地道な事を積み重ねるしか、上手くなる方法なんてありません。

大迫選手のプレーは、この二つの言葉にあるように、

基礎・基本を徹底し、飽きることなく完璧になるまで練習する。

事で、できあがっていったんでしょう。

もちろん、その他の事でもたくさん努力をしていると思いますが、

みんなには、特に、止める・蹴るの技術は、

小学生の頃にしっかり練習して、完璧にしてもらいたいものです。

それが将来、サッカー選手としてのベースになるはずです。

コーチは、指導しているチームの子には、よく

つまらない、単純な練習こそ大事なものがつまってるし、意識の差が見える。

と言います。

細部に拘る事ができる選手こそが、プロフェッショナルなんです!!

まさに、凡事徹底!!

参考記事をどうぞ!

世界一受けたい授業

今日のサプリ
あなたは、思った場所にボールを止め、思った場所にボールを蹴ることができますか?

今のうちに、プレーのベースをしっかり身に付けよう!!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。