勝負に絶対はない!




少し前の話になるけど、今年のバロンドールは、クロアチア代表のルカ・モドリッチ選手が受賞しました。

ロシアW杯では、MVPを獲得。

それにふさわしい活躍をして、W杯中は楽しませてくれましたね。

体は小さく、身長172㎝、体重65キロと公表されています。

それでも、大きな相手に負けずに、ボールを取られないのは、しっかりとした技術があるからでしょう。

世界のサッカーを見ると、体が小さい日本人が、世界を相手に闘っていくためには、モドリッチ選手のプレーはヒントになります。

あんまり見た事のない人は、絶対に見た方がいい!!

YouTubeなどで、プレーが編集されてるからぜひ見てみよう。

そんな、モドリッチ選手が受賞したバロンドール。

ここ10年間は、

メッシ選手とクリスティアーノロナウド選手が5回ずつ分けあってました。

その二人を差し置いて受賞したんだから凄いですよね。

そんなモドリッチ選手が闘った、クロアチア代表は、ロシアW杯で惜しくもフランスに敗れ、準優勝に終わりました。

その時のモドリッチ選手のコメントです。

優れたチームが勝つわけではない。これもサッカー。顔をあげて国に帰りたい。

このコメントからも分かるように、サッカーは実力差が出ないスポーツと言われています。

極端な話、シュート0本でも、失点をしなければPKで勝つかもしれません。

また、

どんなに攻められても、カウンターで1点取って守りきれれば勝つ事ができます。

そう言った意味では、勝利に対する執念が結果に大きく影響するとも言えるでしょう。

コーチが指導しているのは、熊本の街クラブ。

ここ数年で、Jリーグのジュニアチームも増えてきました。

最初の頃は、子ども達は、同じ小学生なのに、Jリーグのユニフォームを着てるだけで物怖じをしていました。

勝手に、相手は上手い・強いというイメージを持ってしまうんです。

そうなると、実力がどうとかじゃなく、やる前から、ゲームの結果は決まってしまいます。

もちろん、それでは、いくら本当は実力があろうが勝てっこありません。

「念ずれば通ず」

という言葉がありますが、

心に強く思うことで、願った道が開けます。

つまり、勝利を手に入れる事ができるのです。

そして、その思いをチーム全員が持っていないといけません。

一人でも、自信を持てず、勝てないと思えば、ゲームには勝てません。

誰も、ゲームをやる前から負けるなんて思わないでしょうが、不安は多少はあるかと思います。

その不安が、ネガティブな方向にいかないように、強い精神力を持ってゲームに臨む事が大切ですね。

かつて、フランスの皇帝と言われたベッケンバウアー選手はこう言いました。

強いチームが勝つわけではない。勝ったチームが強いんだ。

モドリッチ選手もそう、このベッケンバウワー選手の言葉からも分かるように、

勝負に絶対はない!!

これだけは、絶対知っておかなければいけませんね。

今日のサプリ
強い相手と試合する時、勝ちたい気持ちとまけという不安のどちらが先にきますか?

どんな相手でも自分の気持ちを強く持てるように、気持ちをコントロールする術(すべ)を身につけよう。

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。