プレッシャーに弱い人の特徴とプレッシャーに打ち勝つ方法




ロシアW杯時に、本田選手、香川選手、岡崎選手の3人は、ビッグ3と呼ばれていました。

そして、先日発表された森保ジャパンの中島選手、南野選手、堂安選手は、

「ミラクル3」と呼ばれるようです。

これは、新たなに日本代表を背負うであろう3人への期待の現れですね。

ぜひ、3人の期待に応えてくれるようなプレーを楽しみにしときましょう。

期待の反対語は??

気になって調べてみましたが、絶望・失望と書いてありました。

期待に応えれなかったら、絶望・失望に変わるんですよ。。。

本人達にとっては、とても大きなプレッシャーですね。

だけど、期待をされるというのは、本来はとても素晴らしい事。

この期待を力に変えることができたら、どんなに凄い事でしょう。

期待を力に変えるためには、プレッシャーに打ち勝つ事が必要です。

日本代表レベルになれば、プレッシャーがかかるのは当然。

みんなも、将来プロサッカー選手になりたい、

日本代表選手になりたいたいう夢があるならば、プレッシャーに打ち勝つ事ができるようになろう。

まずは、プレッシャーに弱い人がどんな人なのか?

その特徴をまとめてみます。

特徴1
マイナス思考で、すぐに失敗をイメージしてしまう。

失敗した時の事をイメージしてしまい、実力を発揮する事ができず、自ら失敗率を高めてしまう。

特徴2
物事を大げさに考えてしまう。

失敗は、絶対に許されない。これは、人生を左右するような大事な場面だなどと、自分にプレッシャーをかけてしまう。

特徴3
自己評価が低く、自分に自信が持てない

自分に自信が持てないから、無駄なプレッシャーを感じてしまう。

特徴4
完璧の100点満点を目指してしまう。

完璧を目指すことにより、ミスをする事が怖くなり、消極的になって実力を発揮できない。

プレッシャーに弱い人の特徴をまとめてみましたが、

ネガティブで自信がないという事が分かります。

という事は、ポジティブで自信を持てるようになれば、プレッシャーに勝てそうですね。

ネガティブで自信がない人は、きっと成功体験が少ないんでしょう。

ならば、、、

日々の小さな成功の積み重ねにより、自信を持つ事が、プレッシャーに打ち勝つ方法になる。

はずですね!

今のうちに、小さな成功体験を増やして自分に自信が持てるポジティブな選手になっていきましょう!!

そのためには、

目標の設定とそれを乗り越えるための努力が必要です。

今日のサプリ
手の届きそうな目標をいくつか設定してみよう。小さな成功が自信をつけさせてくれます。

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。