好奇心




ノーベル生理学・医学賞を本庶(ほんじょ)佑(たすく)さんが受賞されました。

ノーベル賞って聞いた事あるかな??

ものすごい賞なんですよ!!

これをきっかけに、ノーベル賞を勉強してみよう!

質問1.

日本人で初めてノーベル賞を受賞したのは誰でしょう?

質問2.

ノーベル賞は、いくつかの部門に分かれています。その部門を全部答えてみよう?

こうやって質問形式にしたのは、実は、本庶先生のある言葉を聞いたから。

賞を受賞されて、本庶さんは、

「モットーは何ですか?」

とインタビューされ、こう答えました。

「知りたいという好奇心」と「簡単に信じないこと

好奇心を持ちなさいって言われても、いきなり好きにはなれないかも知れませんが、

もしかしたら、今日の質問みたいに知らない事を知る事で、世界が広がって好奇心がわいてくるかもしれません。

「知らなくても関係ない」

とそっぽを向いてしまったら、みんなの視野と世界は広がりませんね。

ぜひ、色んな事を興味深く観察して、色んな事に好奇心を持って欲しいと思います。

そして、この知りたいという好奇心というのは、サッカーが上手くなるためにも、すごく大切です。

もっとこうしたい!なりたい!

そのためには、練習する事が必要ですね。

その裏には、サッカーが上手くなるためにはどうすればいいのかな?

という好奇心が隠れているはずです。

どんどん上手くなるために、好奇心を持って練習に取り組んでください。

思い出してみよう。

なぜ、今サッカーをやっているんですか?

サッカーが好きだから!!

ですよね。

もしかしたら、ご両親がすすめたかもしれませんが、

サッカーを好きになったからですよね。

好奇心の出発点は、好きだからだと思います。

大好きなサッカーに好奇心を持って、とことん拘って練習・試合に取り組もう!!

【今日のサプリ】

あなたは、好奇心を刺激するために、何か取り組んでることはありますか?

ビデオを見る、本を読む。

何でもいいです。

自分の好奇心を刺激してみよう!!











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



これを観たらサッカーの概念が変わる!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。