気持ちには引力がある




U-16サッカー日本代表がアジア選手権でベスト4に進出しました。

これで、U-17W杯に出場決定です。

この日本代表選手の中に、荒木遼太郎選手がいます。

今は、東福岡高校に通っていますが、熊本県出身の選手です。

昨年、熊本県サッカー協会の祝賀会に来て、たまたま話をしましたが、すごく謙虚でいい子でした。

やっぱり、人間性は大事です。

応援したくなりますね。

そんな、U-16サッカー日本代表の監督をしているのは、森山佳郎さん。

この方も、実は、熊本県出身です。

僕の、大学の先輩にもなります。

会ったことも話したこともないけど、凄く熱い人だという事をよく聞きます。

今日は、森山監督の言葉から。

気持ちには、引力がある。

これは、サンフレッチェ広島ユースの監督をされてた時に、よく選手達に口にされてたた言葉です。

U-16日本代表でもこの言葉をベースにされていて、

「相手に勝ちたい」「ライバルに負けたくない」「ゴールを決めたい」「ゴールを守りたい」「ボールを奪いたい」――など、様々な戦いへの意欲が、プレーに現れた瞬間、ボールやゴール、勝利が自分達の下に引き寄せられる。

(記事より抜粋)

と説明されていました。

話は戻り、、、

この言葉を、信じたサンフレッチェ広島ユースの選手達は、数々の「奇跡」を起こします。

終了間際の逆転劇。

大差をつけられてからの同点劇。

まさに、最後まで諦めない気持ちが、「奇跡」を引き寄せたのかもしれません。

ちなみに、「引力」っていう言葉を知っていますか?

理科の勉強です。

「引力」と似ている言葉で「重力」っていう言葉もありますね。

せっかくだから、調べてみよう!!

僕も、指導をしている時に気持ちの大切さをすごく感じます。

どんなに上手いチームよりも、勝ちたい気持ちを持っていて、最後まで諦めないで、全力でプレーし続けるチームが、対戦相手としては、一番嫌です。

嫌というより、対戦していて楽しいと言った方が適切かもしれません。

サッカーに限らず、スポーツは、

「技」対「技」の前に、

「気持ち」対「気持ち」の闘いです。

ぜひ、気持ちを込めてサッカーに打ち込んでみてください!!

【今日のサプリ】

あなたは、試合の時に絶対に負けない気持ちを持ってプレーできていますか?

この気持ちをチーム全員で持てれば、「勝利」を引き寄せられます!!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。