夢の実現には、我慢が必要




(本田圭佑~プロサッカー選手~)

みんなが知っている本田選手。

最近では、カンボジアの監督になってみんなを驚かせてくれましたね。

夢に向かってチャレンジし続ける姿は、とても勉強になります。

本田選手と言えば、数々の名言を残してくれていますが、今日は、この名言をみんなに送ります。

結局、みんなが嫌がることを我慢してできるかどうかなんですよ。

オレは、スーパーマンでもなんでもない。

ただ、みんなが嫌がることもやれるし、夢のためにやりたいことを我慢もできる。

それを本当に徹底していて、あとは、人よりもちょっと思いが強いだけ。

その差が結果に現れたりするんですよ。

ある指導者の人から聞いた話をします。

この話は、本田選手の話ではないですが、本田選手と一緒に、ロシアワールドカップに出場した日本代表選手の話です。

その選手の小学生の時の話ですが、小学校3年生くらいの時は、すでに夢がプロサッカー選手として海外でプレーし、成功する事だったようです。

何でも言うのは簡単ですよね。

だけど、この選手。

その頃から、夢を達成するために色んな事を我慢できたそうです。

小学校3年生ですよ。

すごいよねぇ~!!

これは、その選手の話の一つですが、お菓子・ジュースは体をつくるのに栄養にならないと言って、絶対に口にしなかったそうです。

横で、友達がお菓子を食べてても我慢できるかな?

横で、友達がジュースを飲んでても我慢できるかな?

口にしなければ、この選手のようになれるわけではありません。

大切なのは、

夢の実現のために、自分をコントロールし我慢をできたことです。

そこを考えられる人と、考えられない人で未來の姿は変わりそうですね。

【今日のサプリ】

あなたは、夢の実現のために我慢していることはありますか??

しっかり考えてみて、行動に繋げましょう。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



これを観たらサッカーの概念が変わる!

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。